top of page
Pivot Stool 07.jpg

Pivot Stool

エルゴノミクスを独自の美学で表現した、"Pivot Stool"は、 姿勢の動きを制限することなく、あらゆるシートポジションに 適応するようにデザインされたスツール。

 

まるで関節のように傾くクッションは、座ると荷重と摩擦で 傾きが保たれる仕組みになっており、正しい姿勢だけでなく、 状況に応じて心地良いポジションを見つけることができます。

 

木工技術の中でも特殊な旋盤木工技術を持つ熟練の職人によって可能にした、3つのセクション(ベース・台座・クッション) は、それぞれが明確な機能を持ちながら、最も美しく見える比率で構成されています。

 

マットな質感で、丸くソフトな印象を与えるフォームは、美しく 光と陰を描き出し、インテリアの特徴をさらに引き立てます。 歴史ある奈良の吉野檜を存分に使用し、上品で清涼感溢れる 香りが空間を優しく包み込みます。

Collaborated with : Apple Jack,  株式会社 さかとういす

開発協力 : 株式会社 中西製作所

Pivot Stool

Description

WHY / context

_DSC0073.jpg
_DSC0068.jpg
_DSC0087.jpg
_DSC0091.jpg

デザイナーには、職人への敬意や社会における機能性など、独自の美意識をもって製品に意味を持たせる使命があると私たちは考えています。


Pivot Stoolは、エルゴノミクスや構造などデザイナーの持つ知識とアイデアをもとに、職人のアドバイスを

受けながら、共に学び、創り上げていく手法で、4年の月日を得て具現化させています。

奈良県東吉野エリアで活動する、工房Apple Jackの小林兵庫氏は、産地である吉野檜や吉野杉を使った木工旋盤加工を得意とする職人。伝統技術『木桶づくり』を応用した技法は、彼の発想によって生まれました。

また、さかとういす株式会社は​、数々の名作家具の修復を手がける椅子張り職人集団。単なる球体フォルムへの生地張りではなく、機能的で美しい佇まいが現れるような技法で製作されています。

これらの卓越した手仕事によって、人間工学に基づいたユニークな構造が実現され、シンプルなフォルムでありながら、細部まで考え抜かれた木工技術と椅子張り技術で、隅々まで繊細で洗練されたディテールとして現れています。

まさにPivot Stoolは、デザイナーと職人との共創によって美しさと機能性が見事に調和したプロダクトです。

HOW application 

Pivot Stool [Spring Yellow]

POUF

 

ボールジョイントの構造を応用した布張りのクッションは、座ったときに素材間の摩擦により人間工学に基づいて 0 度から 25 度の角度を保つことができます。クッション内部は吉野檜の端材から作られています。

+

LOWER BASE

 

日本の伝統技法「木桶づくり」で製作し、意匠面を旋盤木工技術で製作しました。内部はあえて木桶の名残を表現しています。

+

ミドルベース

 

吉野檜を使用し、同じく旋盤木工で削り上げた凹型の形状が特徴で、スムーズな体勢移動をもたらします。

+

WHAT / implementation

人間工学に基づいたスツールでありながら、自由な角度調整が可能なので正しい姿勢だけでなく、状況に応じて心地よいポジションで座る事ができます。 Pivot Stoolは、5色のカラーバリエーションから選べます。

bottom of page