Paddle Sugar

 
_DSC0078.jpg

Cooperated with Susumu Kawai

Prototype (Work In Progress)

Paddle Sugar

”Paddle Sugar”は、環境に配慮したカヤックのパドルのカタチをしたシュガースティック&マドラー。

世界的にコーヒーの消費量が増える中、同時に大量の使い捨てマドラーが ”混ぜる” ためだけに消費され、廃棄されているという資源のムダ遣いの問題をシンプルに解決するためのデザインです。

シュガースティックとマドラー2つの機能を組み合わせることで、ごみの量を半分に減らすことができ、ユーザーがより親しみやすくこの問題に取り組めるように遊び心のあるパッケージデザインとなっています。

​マテリアル : 紙 (防水コート) / 砂糖

WHY & HOW

_DSC0044.jpg

世界中で大量の使い捨てマドラーがたった混ぜるためだけに消費され、廃棄されているという重大な環境問題を解決するためのデザインです。

コーヒーや紅茶を飲む行動を分析した結果、砂糖を加えて混ぜる一連の動作は常に一対であることに注目し、シュガースティックにマドラーの機能を追加することで、"マドラー"としての行為、すなわち半分の資源を節約できると考えました。

WHAT

ユーザーがこの問題により親しみやすく、シンプルに見えるためには製品そのものが、"混ぜるためのモノ"として且つ、"シュガースティック"としても受け入れやすいカタチにデザインするよう心がけました。

カヤックのパドルのような形状は、ユーザーにとって自然にマドラーとしての認識を、また上部には砂糖を注ぐために破るカットラインが1つだけあり、必要なデザインだけを明確に表現されています。

さらに、ユーザーの需要に合わせた数種類の砂糖とカラフルなパッケージは、カヤックのようなカタチにしフレンドリーさをアピールし、そのまま容器として置いておける遊び心あるアイコニックなデザインにした。これらのアイデアにより、気軽に使ってもらう事で、環境問題という重々しい課題に対して無理なく無意識的に取り組むことができる理想的な解決策です。